2011年02月16日

春に撒いた種を秋に実らせる球団は果たして・・・Vol6 【プロ野球2011 各球団紹介 〜東京ヤクルト〜】

  12球団の今シーズンの戦力等を紹介するシリーズ。6回目となる今回は昨シーズン、指揮官が小川監督代行(当時)に代わってからそれまでの不振がウソのような快進撃を見せ、Aクラスまで後一歩の所まで迫ったセ・リーグの東京ヤクルトスワローズを紹介したい。


【今度こそ成就するか?「メークミルミル」カギを握る投手陣の出来】
【2011年主な加入及び放出選手】
◎主な加入選手
・濱中治(オリックスから)
・宮出隆自(楽天から)

◎主な放出選手
・梶本勇介(オリックスへ)

  昨シーズン序盤で大量の借金を抱え、高田監督がシーズン途中で辞任し指揮官も小川監督代行(当時)にバトンタッチする等、非常事態となったスワローズ。ところが指揮官が変わった途端、息を吹き返し終わってみれば最大20近くあった借金を完済した。Aクラス入りはならなかったものの「メークミルミル」なる造語を生み出し蓄えを作ってシーズンを終えた。指揮官の肩書から「代行」の2文字が取れ、Aクラス入りそしてその先にあるチャンピオンの称号を獲得すべく2011年シーズンに臨む。

  投手陣は昨シーズン2ケタの勝ち星を挙げた石川、由規の左右両投手が先発投手の中心になる。特に自身初の2ケタ勝利を挙げた由規投手はその実力が本物かどうか、真価が問われる1年となる。他にも館山投手や、由規投手同様、初の2ケタ勝利を挙げて自信を付けた村中投手と先発陣のコマは揃っている。彼らが昨シーズンの様な働きを見せれば上位争いに食い込む可能性は十分ある。更に勝ち抜くには先発5、6番手投手が現れるか、そして中継ぎから抑えを担うであろう林投手への継投いわゆる「勝利の方程式」を確立させ継続する事が出来るか、と言う事だろうか。チームの浮沈のカギを握るであろう投手陣がどんなパフォーマンスを見せるか注目したい。

  一方の打撃陣であるが、昨シーズン首位打者を獲得した青木選手がどの打順を担う事になるのか。昨シーズンは序盤で3番を打っていたが、福地選手が怪我で戦列を離れてからはトップバッターを打つようになった。本塁打を量産出来るバッターがいない事から、後ろの打者への繋ぎ方がポイントとなりそうな打線であるが、そう考えるとやはり率を残せて足もある青木選手がトップに座るのが相手投手に神経を使わせると言う意味で適していると言えるのではないだろうか。
  そして塁上のランナーを返す役割であるクリーンアップは外国人選手と畠山選手或いは飯原選手と言う構成になるだろうか。特に飯原選手は足もあるだけに小川監督がどのように起用するのか。各チームのマークが厳しくなるであろう青木選手の出塁と併せてその事が繋ぎの野球が出来るかポイントになりそうな気がする。

  日本一となった2001年から10年。そろそろあの時の感動を味わいたいと思っているファンは多いだろう。スタートダッシュに失敗した昨シーズンの轍を踏まなければセ・リーグで台風の目となりそうなスワローズ。果たして今度こそ本当の意味で「メークミルミル」を成就させる事が出来るだろうか。











人気ブログランキングへ
→ プロ野球の開幕が待ち遠しい、と言う方はクリックをお願い致します。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
posted by スポーツ職人201X at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186264638

この記事へのトラックバック